David志村/ コラム, 留学・英語・TOEIC/ 0 comments

Sponsored

こんにちわ

一週間お元気でしたか?あっと言う間ですね~

 

今回は、「弱形」に関して話しますね。

マクドナルドに行ったら何を頼みますか?

Filet-O-Fish-Box

「Filet-o Fish」の 「-o」は、何か分かりますか?

 

実は、「of」なんです!!

 

ofは、「オ」または「ヴ」と発音し、「オブ」とはあまり発音しません。

弱形は、簡単に言うと普段ネイティブが発音する音。その逆が強形。

 

filetは、フランス語なので、「t」を発音せずに、「フィレ」。切り身の意味。

「Filet-o Fish」=魚の切り身

 

マクドナルドで、フィレオフィッシュを買ったら

友達に「-o」を質問して、自慢げに説明して下さい(笑)

 

この事が分かると

two o’clockの「o’」の正体が分かりましたね?

はい、「of」です。時計の2時と言う意味だったんですね~

オヴと発音しないから、「o’」の形になりました。

 

では、もう1つ問題です。

andを発音して下さい!

「アンド」ではなく、「アン・ン・ンド」の3つの発音のされ方があるんですよ。

 

ham and eggs ⇒ ハム エッグ

cut and saw   ⇒ カット ソー

gin and tonic ⇒ ジン トニック

 

アンドと発音されてませんよね?

この単語をしっかり聞き取れていた日本人がいたら

 

ハム ン エッグ

カット ン ソー となっていたでしょうね~

 

まとめると

重要な事は「認識を間違うと事故が起こる」

Sponsored

andをアンドと発音されると待っていたら、聞き取れない。

だから、間違った認識を変え、本来ネイティブが発音している音を1つ1つ

確認しながら、自分のものにする必要があります。

 

認識大事ですね~

The following two tabs change content below.
David志村

David志村

TOEIC300点からTOEIC講師となり、現在大手企業の管理職を指導。留学先では国際団体代表を務めるなど国際文化交流を活発に行う。ボランティア活動の一環で、東京や九州など全国の大学生・高校生対象に英語講座・留学生セミナーなど実施。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*