夢香/ コラム, 就活/ 0 comments

Sponsored

おはようございます!

月曜日の連続更新記録がとうとう途絶えてしまった夢香です><

継続は力なり。来週こそ月曜日に更新するぞー!

 

 

気を取り直して…笑

今日は環境のつくりかたというお話をしたいと思います。

 

先週は「あなたにとっての良い企業」というテーマで、肯定的に捉えることについてお話ししました。

http://www.only1-matching.com/?p=1238

「会社」という環境

”会社”という組織は人の集合体なので、どんな会社にもメリット・デメリットがあるように、その会社を構成している”人”にもメリット・デメリットがあります。

言い換えると長所・短所があるということですね。

 

ここで質問です!

あなたは自分自身の長所・短所を本当にはっきりと認識(自覚)していますか?

また、どんな環境に置かれたときに最も早く成長するタイプですか?

 

表面的な長所・短所を認識しているだけでは、自分自身の本質に気づけず、本来自分がおるべき位置を見出すことができません。

 

みなさん、今までの過去を振り返ってみてください。

悔しさを感じたときに「絶対できるようになってやる!」と奮起して成長した経験してきましたか?

それともイチからしっかり教えてもらった時に成長してきましたか?

個性に合う環境

奮起することで成長してきた!というタイプなら、長期にわたる研修を受ける企業より、「実践第一」「現場主義」の成長中の企業に入社したほうが日々自分の成長を実感出来るでしょう。

また、納得して理解したときに一歩を踏み出せたというタイプなら、しっかりとした研修制度があり、急成長を求められない企業に入社したときに実力を発揮していくでしょう。

 

このように自分自身のタイプがどのような本質なのか認識せずに、企業名や規模、福利厚生等で選んでしまった場合は、「こんなはずじゃなかった…」と、必要以上に壁にぶつかり、「自分はできないんだ」と自分自身を誤解してしまうこともあります。

 

新入社員という肩書きを持てるのは、人生で一度だけ。

Sponsored

だからこそ、この期間に自分自身の本質をしっかりと見極め、自分自身の成長に繋がる環境は一体どこなのか、しっかりと判断できる基準をもつようにしましょう!

 

「覚悟」を決めて、肥沃な土地に植えられた穀物のように、自分自身にとって必要な環境を見極め、多くの実を結ぶ社会人のみなさんになることをお祈りします!

The following two tabs change content below.
夢香

夢香

キャリアアドバイザー。 これまで4,000名以上の就職・転職・再就職を支援。現在は設立6期目のベンチャー企業にて、学生向け新規事業の立ち上げに従事。 ライフワークとして、日本の次世代の活性化に情熱を注ぎ、若手芸術家の発掘・プロデュース、中高生・大学生へのキャリア教育、地域スポーツチームのアドバイザー等、日々奮闘中。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*