David志村/ コラム/ 0 comments

Sponsored

おはようございます。

人生には、3つの嬉しい日があるですよね。

生れた日・結婚する日・出世の日。

昨日は人生のカリスマのお誕生日でした。

今日は留学から帰ってきた後どうすべきか?

について書きますね。

Mentor word cloud written on a chalkboard

Mentor word cloud written on a chalkboard

英語ができる人は数千・数万います。なので、英語ができるだけでは武器になりません。

自分の中にもう一つの武器が絶対必要です。

台風は、冷たい風と熱い風が組み合わさった時、突風が起こるように

英語と自分の武器が、合わさった時、実力が発揮されます。

 

私は、留学後、32~34歳の時、医療業界に務めたんですが

天地が崩れるかのように、どん底に落ちた経験があります。

医療業界は、一番上には神のような医者がいて、

その下に国家資格を持った放射線技師・臨床検査技師・看護師などの方々います。

そして一番下に、自分のような事務職・営業職がいるんですね。

自分には手に職がなく、専門的技術がなかったので、当然な位置でした。

 

この時、初めて自分の今までの考え方ではだめだと覆されたんです。

良い大学でて、良い会社に入ればそれでいい、だめだと気づかされたんです。

 

その時、人生のカリスマが教えてくれたのが

個性は、2つに分けられる。

①先天性

②後天性

先天性のものは、地球上に70億にいても、自分にしか持ってない唯一のもの。

しかし、人はそれに気づいていず、だから磨けていない。

気づいていないから、自分に自信がなく、人と比べ羨ましく思う。

Sponsored

 

この時、とことん自分の事を考え直しました。

自分の武器とは?

英語と教える力だと気づいたんです。

そして、この2つを組み合わせて、toeic講師と大学生中心向けに留学セミナーなどの講師の道を見つけました。

今は、遣り甲斐と自分自身に対する自信を持って、全国を走ってます。

 

人生の道を教えてくたカリスマに

「ありがとうございます」と伝え、今日のブログを終わります。

The following two tabs change content below.
David志村

David志村

TOEIC300点からTOEIC講師となり、現在大手企業の管理職を指導。留学先では国際団体代表を務めるなど国際文化交流を活発に行う。ボランティア活動の一環で、東京や九州など全国の大学生・高校生対象に英語講座・留学生セミナーなど実施。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*