shinya/ 社会人になる準備/ 0 comments

Sponsored

こんにちは、来年度からの給料を無理やり上げてもらったshinyaです。

あなたも、社会人になったらがっぽがっぽお金を稼ぎたいですよね。

では、どうしたらよりお金は稼げるのでしょうか。給料の高い会社を探す?もちろんそうですが、せっかくだから今回は少し違った観点から、稼ぐということについて考えたいと思います。

お金の起源

そもそも、なぜお金というものがあるのでしょうか。昔はお金を使っていませんでした。歴史で学んだとおり、物々交換でしたね。魚を捕るのがうまい人は魚を捕り、狩猟のうまい人は狩りをして、それぞれ交換しながら生活をしていました。

しかし、魚や肉ってすぐ腐ります。当時は冷蔵庫はありません。三菱もパナソニックもありません。西島秀俊のCMもありません。それで、価値の保存をするためにお金が使われるようになりました。

お金を稼ぐこととは

お金を使うようになってからも、昔と根本は変わりません。つまり、私たちは自分の個性を活かして得たものと、自分では得るのが難しいものを交換しているんです。

このことから見えてくるのは、「自分の得意なことをするべき」というメッセージです。

人の個性を活かして自分の命を救われた宰相

昔、人の個性を大事にする首相がいました。中国の孟嘗君です。彼は何か一芸を持っている人を集めて身の回りに置いたんです。その中には、「鶏の鳴きまねがうまい」という一発芸人や、「こそ泥がうまい」という若干アウトな人、「口だけはよく回る」という僕が個人的に苦手なタイプまでいました。

しかし、孟嘗君はその人たちの芸によって命を救われるんですね。「鶏鳴狗盗(けいめいくとう)」「狡兎三窟(こうとさんくつ)」という故事にもなっています。

個性、大事ですね。人の個性を認めることで、思ってもみなかった人が自分を助けるということが起こり得ます。

まとめ

経済のもともとの意味は、「人間の生活に必要な物を生産・分配・消費する行為についての、一切の社会的関係。」です。その経済は、先ほど書いたように「自分の個性を活かし、人の個性を活かす」ことで成り立っています。

Sponsored

この原理をわかって、自分と人のいいところを探してみてください。目に見えるお金だけではない利益を得ることが出来ると思います。

ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
shinya

shinya

学生のころは哲学専攻、社会に出てから経理担当。よくいる場所はカフェだけど行ってみたい場所は超田舎。体は小さくても志は大きく持て。Boys, be ambitious!社会人になってようやく気づいた「学生のころにやっとけばよかったこと」をご紹介していきます。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*