夢香/ コラム, 就活/ 0 comments

Sponsored

月曜更新をすっかり忘れてしまって、仕事中に大ダメージを受けた夢香です(T_T)

 

気を取り直して、今日は企業研究の3つのポイントについて書いていきますね。

 

①企業の歩みも人生と同じ!

 

最終面接の前は創業者や社長について調べていけ!と言われるように、企業自体を1人の人だと思って考えてみてください。

 

たった1人もしくは数人で始まったものが、どんな歩みを経て今の姿になったのか。

歩んだ年月が長ければ長いほど、数多くの困難や危機を乗り越えてきたはずです。

そして、これからどこへ向かって行こうとしているのか。

 

企業の歴史や業界での立ち位置、シェア、競合相手の動き…さまざまな要因が絡まり、時には予想もしなかった成長を遂げることもあり、またその逆も然り。

 

設立間もない企業には若さと情熱がみなぎっていますが、老舗企業には少しの変化では揺らがない強固な基盤があります。

優劣ではなく、人に個性や性格があるように、企業も同じです。

 

②繋がっている業界の動きを知る!

どの業界にも密接に関わっている業界があります。

協力体制を築いている業界もあれば、針と糸のように対になっている業界…さまざまな関わり方の業界があるので、そういった繋がりの先にある業界も研究してみましょう。

 

③世界経済の流れを知る!

「大局を見る」という言葉があらわすように、経済活動を営む企業にとって「大局」となる世界経済の流れを無視することはできません。

国内事業だけだからといって、国内の流れだけを見ていては将来の展望を描けないばかりか、思わぬ損害を被ることもあります。

 

世界経済なんて程遠い…と思えるような業界でも、根幹の部分ではすべてがひとつに繋がっています。

 

就活は社会人になるための見習い期間のようなものです。

Sponsored

一流のビジネスマンになるためにも、今から実用的な「情報収集能力」を身につけていきましょう!

The following two tabs change content below.
夢香

夢香

キャリアアドバイザー。 これまで4,000名以上の就職・転職・再就職を支援。現在は設立6期目のベンチャー企業にて、学生向け新規事業の立ち上げに従事。 ライフワークとして、日本の次世代の活性化に情熱を注ぎ、若手芸術家の発掘・プロデュース、中高生・大学生へのキャリア教育、地域スポーツチームのアドバイザー等、日々奮闘中。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*