shinya/ コラム, 社会人になる準備/ 0 comments

Sponsored

こんにちは、知人から浄水器をもらってご機嫌なshinyaです。

水、大事ですね。僕は今まで水道水でご飯を炊いていました。その味が普通だと思っていたのですが、水を変えたら、ご飯が本当に美味しくなりました。

粒が立っている、気がするし、少し甘い、感じがする。調味料の染み込みが良い、んじゃないかとも思う。

すべて「気がする」だけで、数値で測ったわけでは無いのですが、ご飯が食べやすくなったのは事実です。水道水を使っていた時はたまに鉄さびがまざっていましたから、その心配がないだけで、ほんとに美味しい。

今日は、性格の変え方について書きたいと思います。

水は品質、その成分によって味が変わります。値段も変わります。アルカリ性、酸性、軟水、硬水、水素水。いろいろあります。

人もそうです。心を形づくっている成分によって相手に与える印象が変わります。

性格を直す、というのは、水を濾過することと似ています。

つまり、良いところと悪いところを分けるということです。

いつも元気で性格が柔らかく、教えるとすぐ吸収してどんどん成長する人がいる。

かと思えば、いつも否定的でとっつきにくく、教えても自分のやり方に固執する人がいます。

水は成分で美味しくもまずくもなるように、人も性格によって良くも悪くもなります。

性格を変えるためには、自分の良いところと悪いところを分けなければなりません。

一説によると、水道水は粒子が荒い、と言われます。水道水を飲んですぐにトイレに行きたくなるのは、粒子が荒くてちゃんと吸収されていないからだとか。

それが、良い浄水器を使うことで粒子が細かくなり、体のすみずみまで行き渡るのだそうです。

自分の性格を変えるにも、浄水器を通さなければなりません。

「よし、今から私はいい人になる!」と自分で決めたらそうなるわけではありません。

では、何を通すと自分の状態は良くなるでしょうか。

体の状態を良くする方法は、テレビでも雑誌でも頻繁に取り上げられています。

活性酸素を除去する方法とか、体脂肪を落とす方法など、探せばたくさん情報が出てきますね。

では、心は?心はどうやったらもう少し綺麗になるでしょうか。

一つ、大きな点としては、「生まれ」。どんな家庭に生まれたのか、どんな民族に生まれたのか。それによって自分の性格は大きな影響を受けます。日本に生まれたら比較的大人しくて真面目になります。

しかし、生まれは自分ではコントロールできません。

では、どうするのか。それは、生まれの良い人と一緒にいることです。

金持ちと一緒にいろとか、玉の輿を狙えとか、そういう話ではないですよ。もっと人の中身をよく見て、「この人ほんとに素敵な人だなあ」という人と一緒にいるということです。

Sponsored

成功者になりたければ成功者の近くに行けと言われます。そうすることで、成功者の性格、成分が伝わってきて、自分も似たような人間になるからです。

はじめは自分のみっともなさが目立つでしょう。比べるとあまりにも自分が汚く見える。居心地が悪いんです。逃げたしたくなります。

しかし、これがチャンスですね。自分の何が良くないのか、はっきり見えているわけですから。

あとは、分けるだけです。人を通して「このままじゃダメだ!」と胸を叩きたくたくなるようなもどかしさを感じた時に、果敢に分けてしまいましょう。

急にすべてを性格を変えることは難しいです。今の自分の性格は長い時間をかけて少しずつ作られてきたからです。

しかし、続けて分けていくうちに、いつの間にか以前とはすっかり変わった自分なっています。

ちょうど、浄水器に何層ものフィルターがあって、順番に異物を取り除いていくようにです。

ぜひ自分をステキに作ってくださいね。

The following two tabs change content below.
shinya

shinya

学生のころは哲学専攻、社会に出てから経理担当。よくいる場所はカフェだけど行ってみたい場所は超田舎。体は小さくても志は大きく持て。Boys, be ambitious!社会人になってようやく気づいた「学生のころにやっとけばよかったこと」をご紹介していきます。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*