Tsukumo/ コラム, 学生生活の知恵/ 0 comments

Sponsored

どうも、2か月半ぶりの九十九です(@_@)

先日、刑事訴訟法の勉強をしていたら「鞄から出た猫の法則」なるものが出てきて、しばらく勉強に集中できなくなりました。

 

猫

 

資格の取得は、人生の目的ではありません。

目標とは、「目じるし。目的を達成するために設けた、めあて。的」(広辞苑)です。

目的とは、「成し遂げようと目指す事柄。行為の目指すところ。意図している事柄。」(広辞苑)です。

 

目的を実現する手段として、資格を取ること、就職をすることを目標とするんですね。

資格を取った場合にも、ほとんどの人は就職すると思います。

(弁護士は、法律事務所だけでなく、企業への就職も増えてきました。アメリカに比べるとまだまだ少ないですが。)

そして、仕事をして目的を実現していくんですね。

 

今は学生なので偉そうに言えませんが(笑)

 

先に目的を決めて、手段はその後に決めるのが自然ですよね。

アメリカでホットドッグを食べよう!と決めたら、アメリカまでの交通手段を選択します。

順番が大事です。目的が先、手段は後。

もちろん、手段を先に決めることもあります。それもありです。

ですが、違和感はあります。ズボンを穿いてから、下着を穿くような。

 

目的が定まれば、いよいよ手段です。

その目的を実現するには、どのような仕事が自分に合っているのか。

どのような仕事をして、その目的を実現したいのか。

アメリカという目的地に、飛行機で行くのか、船で行くのか。

それは各自の個性通りに選択します。

全く同じ能力を持った人は、この世に存在しませんよね。

Sponsored

だから、自分にしかできない仕事があります。

たしかに、実際に働かないと分からないことが多くあります。私もそうでした。

ですが、考え始めるのが早すぎる、ということはありません。

社会人に比べれば、学生は時間に余裕があります。

学生時代も忙しいとは思ってましたが、社会人時代と比べると、やはり違いますよ。

 

はっきりとした目的を持ち、「鞄から出た猫」のように、誰にも止められない人になりたいですね!←誤用

The following two tabs change content below.
Tsukumo

Tsukumo

ロースクール卒業生。弁護士志望。学部時代は複数のサークルで代表を務める。企業勤務経験あり。海外生活経験あり。A型。猫派。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*