shinya/ 社会人になる準備/ 0 comments

Sponsored

こんにちは、shinyaです。夏の暑さより汗をかくのが苦手です。

汗って放っておくとベタベタして嫌ですよね。さらにシャワーを浴びないでいたりすると、炎症を起こしてあせもになります。

ほんとになんなんでしょうか、この汗!バカヤロー!

しかし、よく考えると不思議ではありませんか?

汗はもともと体内にあったものです。体内では「血漿」と呼ばれ、血液の一部としてこの体の健康を維持するために働いていました。

それが体外に出て「汗」になったとたん、変質して体に害を与えるのです。

まるで国外追放された臣下が祖国に敵して立ち上がる、みたいなそんな考えが浮かんできませんか?…そんなの私だけですね。

人間の体っていうのは不思議です。

そしてこれは体だけではありません。心もそうです。

心にたまる老廃物をスッキリさせよう

人間には心があります。いろんなことを考えて、人々とコミュニケーションをとりながら生きています。

そしてこの心は、非常に変化しやすいものです。

ある時は気分が良く、ある時は悪い。

気分が良い時はなんでもできます。元気があればなんでもできる。ダー!!

しかし、その心が悪い方向に変質してしまう時があります。心配、悩み、憂い。考えるほどどんどん深刻になっていき、自分をどんどん蝕んでいきます。まるで放っておいた汗が炎症を起こすように。

汗をかいたら、シャワーを浴びます。そのように、ちょっと今の自分やばいな、って時には気持ちをリセットする習慣を持ちましょう。

リセットする方法は、人によって様々あるし、時と場合によって効果的な方法が異なります。

ある時は運動するとスッキリするし、ある時はアロマを焚いてゆっくりすると気持ちが切り替わる時があるし、大自然を見て「私の悩みなんてちっぽけや」と考え方が変わることがあれば、最近は瞑想も流行ってますね。

一流のアスリートは、トレーナーをつけてベストパフォーマンスを出せるようにプログラムを組んでいたりしますね。

Sponsored

ちなみに僕は皇居の周りを自転車で回ってると気持ちが落ち着きます(笑)他にもいろんな切り替え方を持っていて、時と場合によって使い分けています。

自分の中の不要なものは、老廃物でもネガティブな思考でも、うまく捨てていきましょう。

The following two tabs change content below.
shinya

shinya

学生のころは哲学専攻、社会に出てから経理担当。よくいる場所はカフェだけど行ってみたい場所は超田舎。体は小さくても志は大きく持て。Boys, be ambitious!社会人になってようやく気づいた「学生のころにやっとけばよかったこと」をご紹介していきます。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*