Mickey/ コラム, 留学・英語・TOEIC/ 0 comments

Sponsored

みなさん、こんにちは(^^♪

 

今回、初めてブログを投稿します、「僕らのクラスのリーダー」にとどまらず、もっと高みを目指しているMickeyと言います。

よろしくお願いします(^◇^)

 

さて、このブログで僕は何をしようかといいますと、TEDの数あるプレゼンの中から、僕たちがもっと良い人生を歩む上でのTipを与えてくれるものをピックアップして、解説してみたいと思います!

 

 

そもそも、TEDとは皆さんご存知でしょうか?

 

 

「Ideas Worth Spreading(広める価値のあるアイデア)」をコンセプトにニューヨークを本拠地に活動する団体で、テクノロジー(T)・エンターテイメント(E)・デザイン(D)を中心とした様々な分野の著名人たちが幅広く世界に広めるべきと思われるアイデアをプレゼンしています!

その映像がインターネットを通じて世界中で視聴されており、合計再生回数は数億回と言われています!

 

 

 

僕もTEDを初めて視聴したときには強い衝撃を覚えました。

 

 

・なぜ人は物事を先延ばしにしてしまうのか?

・成功者にはどんな共通点があるんだろう?

・どうして人は「自分は正しい」と思うのか?

・人はどうして生きるんだろう?(プレゼンターが臨死体験を通して悟ったこと)

 

・・・などなど。

 

僕たちが直面している問題に対し、プレゼンター自身の体験や研究成果に基づき、クリアに答えを与えてくれるプレゼンが多くありました。(もちろん聞いたところで解けないものもありましたが、少なくとも僕に考えるヒントを与えてくれました。)

 

 

また、僕自身がニューヨークへ留学した際、一つ強烈に感じたことがあったのですが、それは、「英語だけ喋れても格好良くない」ということであり、「結局のところ何を話すかがもっと大事」ということでした。

とっても当たり前のことではあると思います。

 

 

人は言葉の流暢さではなく、言葉の内容、そして、その言葉を発する人間に魅力を感じてついていきますよね。でも、相手に思いを伝達できるだけの語学力も基本として備えていなければいけません。

 

 

そういった意味で、TEDは「言葉の中身」「英語力」を鍛えることができる最高の教材だと思うんです。

 

 

このブログを読んで興味を抱かれた方はぜひ原映像にも当たって、自分で学習してみて下さい♪

また、「TEDで学ぶ英会話」というアカウント名でTwitterもやっています。そちらでは、僕がおすすめするプレゼン、そして、その中で使用されている単語や文法を簡単に解説したり、愛媛県の松山市内で週1回開催しているTEDを教材にした英会話の情報も発信しているので、興味のある方はフォローお願いします!

Sponsored

 

また、ブログの最後には「英語難易度」と「おすすめ度」(どちらも主観的)を掲載します!ぜひご参考にしてください(^_-)-☆

 

 

では、次回から具体的に紹介することにしましょう!

 

 

「TEDで学ぶ英会話」Twitterリンクはこちら↓↓

https://twitter.com/TED09321909?s=03

 

The following two tabs change content below.

Mickey

東大卒、24歳。学生時代は社会心理学専攻で、人間の認知特性、特に偏見について研究。ニューヨークに留学し、翻訳会社でマーケティング経験有り。TOEIC975点取得。現在は、化学メーカーで国内営業をする傍ら、TEDを教材にした英会話セミナーを開催している。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*