shinya/ 社会人になる準備/ 0 comments

Sponsored

こんにちは。Shinyaです。社会人です。

学生と社会人の違いといえば、効率を求められることです。

仕事には締切があります。学生の時にもレポートの締切とか論文の締め切りはありますが、社会人はよりタイトになります。

しかし、仕事はタイトに行なわなければなりませんが、いざサービスを提供するときには逆にそれが仇となります。最後は、ゆっくりやる方がうまくいくことが多いです。

たとえば、ドラッグストアで洗濯洗剤を買おうとしているとします。いろんな商品があって悩むことありますよね。「アタックにしようか、トップにしようか…。ほんと悩む。」ということがあります。

そんな時、店員に「そういうのは即決で決めないと時間がもったいないよ」なんていわれたら買う気にならなくなります。当たり前のことなんですが、普段の生活でこのことを意識して行動していることが少ないです。

人に何かをしてもらいたいときは、急いではいけません。

直接的に「買って」「やって」というのはあまり印象が良くありません。

むしろ遠回しに話すことが必要です。

昔からあるのが「バナナのたたきうり」

バナナを売るだけなのに、余計なことしゃべりまくってますね。直接的に「バナナ買ってください」というのと、こういう風にいろんな話の中でバナナを売るのとではどちらが売れ行きが良いかといえば、断然後者なわけです。

大事な場面でこそ、楽しむことを大事にしてくださいね。

Sponsored

The following two tabs change content below.
shinya

shinya

学生のころは哲学専攻、社会に出てから経理担当。よくいる場所はカフェだけど行ってみたい場所は超田舎。体は小さくても志は大きく持て。Boys, be ambitious!社会人になってようやく気づいた「学生のころにやっとけばよかったこと」をご紹介していきます。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*