David志村/ コラム, 留学・英語・TOEIC/ 0 comments

Sponsored

全国の大学生・高校生を対象に講演する時お話しする内容を書いていきますね~

【英語は実は面白い】

spongebob1

英語を丸暗記の科目と考え、無味乾燥なものと捉えていたらそれは、大きな間違いです。

言語は、文化背景の土台の基にできてるので、その根本を知らなかったら面白くないんですよ。

今から一つの例を使って証明しますね~

 

Good bye の本当の意味ご存知ですか?ただのさよならではないんです。

God be with youが本当の意味です。

Good=God

b=be

ye=you 昔はyouをyeと話してました。

つまり、神様があなたと一緒にいますようにとの意味でお祈りなんです。

例えば2人で話しているときは、何かが起こってもお互いに守ってあげられますが

別かれて1人になった時は、神様があなたを守ってくれるようにと言うお祈りなんですよ。

英米は、神様の視点に立って物事を見て、考えているんですよ~

 

逆に、日本語のさようならは?

さようならば致し方なく、と言う意味で、名残惜しさを残しています。

 

このように文化背景を知って、英語を使えるようになると

Good bye を使った時の味わい方が違ってきますね~

Sponsored

 

 

The following two tabs change content below.
David志村

David志村

TOEIC300点からTOEIC講師となり、現在大手企業の管理職を指導。留学先では国際団体代表を務めるなど国際文化交流を活発に行う。ボランティア活動の一環で、東京や九州など全国の大学生・高校生対象に英語講座・留学生セミナーなど実施。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*