David志村/ コラム, 留学・英語・TOEIC/ 0 comments

Sponsored

2015年も残すところ、あと2日ですね~

年末年始太らないように気を付けましょう~笑

interview4_1_4

今日は、英米は「個」が大事と言うテーマで書きますね。

 

早速ですが、大学入試の問題を解いてみて下さい。

A:Do you need the copier?

B:After you.

 

Bと同じ意味を選びなさい。

① Go ahead.

② I`ll go with you.

③ Take it.

④ Before me.

正解は?

①Go ahead.「お先にどうぞ」です。

After you を、afterは、日本語では「後」だけど、

英語では「先」にと訳すから注意しろよと言われ

丸暗記で、覚えませんでしたか?

丸暗記の英語は、面白くないし、すぐ忘れてしまいます。

 

では、ここから、本当の英語の授業をやりますね。

日本と英米では立っている立場が違います。

日本:あなたあっての私、あなたのおかげで私がある、演歌の世界のような文化です。

英米:まず私ありきで、次にあなたです。

なので、(I`ll go)after you. I`ll goが省略されています。

「俺行くね、あなたの後にね。」 私自身が、個がとても大事な文化です。

 

では、もう一つ問題を解いてみて下さい。

どっちの英文をアメリカ人は好むでしょうか?

A:Can you lend me a book?

B:Can I borrow a book?

 

正解は? Bです。私に本、貸してもらえない?

日本語ではずうずうしく感じますね~

しかし、英米は「個が私が」が大事な文化なので、Bになるんです。

逆に、日本人に好まれる文章は、Aですね。

 

まとめますと

留学前にすべき準備の1つとして

Sponsored

英米は「個」を大事にする文化なので

自分の意見がハッキリ言えるようになること

自分自身の事がはっきり言えるようになること

とっても大事なんですよ~

 

英語だけでなく、英米の精神も身につけて準備していましょう!!

The following two tabs change content below.
David志村

David志村

TOEIC300点からTOEIC講師となり、現在大手企業の管理職を指導。留学先では国際団体代表を務めるなど国際文化交流を活発に行う。ボランティア活動の一環で、東京や九州など全国の大学生・高校生対象に英語講座・留学生セミナーなど実施。

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*