hiroyuki/ 国際関係, 学生団体/ 0 comments

Sponsored

IMG_2154

団体名 学生国際協力団体SIVIO
Uni-Share代表者名 杉浦ゆきな、関原克典、渡辺慧士
Uni-Share活動場所 東京、京都、名古屋、ラオス
Uni-Share活動人数  各支部50名
Uni-ShareWeb http://sivio.jp/

団体概要

「ラオスへの教育支援」

「学生間にチャリティームーヴメントを起こす」 

この二つの理念に沿って、様々な活動をしています。 

Sponsored

東南アジア、ラオスの村。

ボロボロの校舎で授業をうける子ども達。

雨が降れば机や黒板は濡れ、

紙も鉛筆もない彼らは、それでも勉強をしたくて学校へ来ています。

「彼らが勉強できるように、藁ぶき屋根の校舎を、コンクリートの校舎へ」

たった一人のそんな想いから、SIVIOは生まれました。

そして2007年から現在まで、多くの大学生や、たくさんの方々の力を借りて、

4校の小学校と1校の幼稚園を建設することができました。

それは「誰にだって、チャリティーはできる」ということ。

私たちはどこにでもいる普通の大学生です。

そんな私たちができることは、きっと少ない。

けれど、伝えることはできる。

たくさんの伝え方を通して、遠くラオスと日本をつなげることができる。

どんな形だとしても、SIVIOに関わってくれたすべての人々の想いは、

ラオスの子ども達のもとへ届く。

SIVIOはそんな日本とラオスの架け橋となるために、日々活動を行っています。


この団体に興味がある方はコチラ

Sponsored

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*